あづまで研修会を行いました

スポーツボランティア

11/9(土)、福島市のあづま総合体育館にて「スポーツボランティア研修会」を開催しました。

ここは来年、東京2020ソフトボール、野球の会場となる運動公園です。

そして、今は、銀杏並木が美しい、福島のインスタ映えスポットでもあります!

言い訳っぽくなってしまうけど、今日の最初のトラブルは私のパソコンが会場備え付けの立派な機材(プロジェクター)に対応しないことから始まりました。あづまのスタッフがおっしゃるには「新しいパソコンには対応しないことがある」とのこと(;’∀’)。

その後も「音が出ない」「パソコン画面上に出ている動画がプロジェクターを通すと映らない」「画面がフリーズする」などトラブル続出。

もう、ええーいっと動画を使っての講義をあきらめて、マイスタイルでいかせていただきました。

50人近い参加者の皆さんはとても優しく、そしてノリ良く、笑顔と相槌で私を助けてくれました。

ありがとうございました!

今日は共同通信の取材が入っていたこともあり、

研修会終了後、時間のある人達であづま球場まで行き、新しく人工芝のオリンピック・モードに変身した球場の姿を見学してきました。

今日、ここではじめて会った多様な皆さんが、ともに学習し、体を動かし、会場を見て、来年ここで行われるオリンピックに思いをはせる。最初は少し硬かった雰囲気が、帰るころにはお互い笑顔で会話が弾む。本当にボランティアって良いな~と思った1日でした。

いたらない私を助け、お付き合いくださった皆様、ありがとうございました。

オリンピックも、そしてそれ以外のスポーツでも、ボランティアを楽しみ、仲間を作りましょう!

帰路、あづまの銀杏並木を歩いてみました。

福島は美しいです!

コメント