コロナウイルスの日々④~Stay Home

コロナウイルス

いよいよ地方にもコロナウイルスの脅威がきたな、と実感します。

福島でも毎日のように「感染者」の報告があり、クラスターも発生したとのこと。

また、時を同じくして、「観光打撃」など経済的なマイナス面も日々大きく報道されています。

本当に大変な世の中になってきたと思いながら、私はすでに10日も自宅待機生活を送っています。最低限の散歩や買い物、どうしても必要な書類を取りに誰もいない事務所へ行く以外は、ずっと家の中にいます。

「ドイツからの帰国者」として自宅隔離にある娘はもっと徹底していて、この10日間一度も4階(自宅はアパートの4階です)から降りていません。花に溢れたこの美しい時期の福島で、ある意味「意地だな」と感心します(;’∀’)。

自宅隣の大森城山

日々刻刻、情勢および世論は変化していて、何が正解なのかわからなくなっています。

ただ、Stay Homeを実践している私が感じていることは、

①十分な睡眠と散歩、家ご飯の日々で、体調がとても良い

②誰からも感染しない、誰にも感染させないという安心感は精神的な落ち着きを生む

③本を読む時間がある

④どうでもよいこと、が見えてくる

というようなことです。

もちろん人それぞれ事情が違うので、「何を優雅な」とお怒りを感じる人もいるかもしれません。

私の、個人的な感覚です。

でも、もし、「Stay Home」がコロナウイルスを終息に向かわせる一番シンプルで手っ取り早い方法であるなら、できるかぎりやってみるのもありではないでしょうか。

経済優先、便利優先、楽しいこと優先、人間優先、そんな地球にウイルスが警鐘を鳴らしているような気がします。

Stay Home

静かに未来を思う時間にしたいものです。

コメント