フィリピン海プレート

コロナウイルス

2か月ぶりに授業が始まりました。しかも新入生。

学ぼう!学びたい!という気持ちがこっちにまで伝わってきて、一気に2か月のブランクが埋められていくようです。ありがたい!可愛い!うれしい!

地理は社会科に属する科目だけれど、最初は地球そのものの学習をするのでちょっと理系っぽいです。

ここをいかに面白がってもらうかは本当に大事だと、あの手この手で「驚き」を伝えることにしています。

例えば日照時間の話。

帯広と福島と那覇の日の出・日の入り時刻を調べてみる。

今日(5/23)の場合、

帯広 3:56 – 18:51

福島 4:21 – 18:47

那覇 5:38 – 19:13

どうですか? 日本は案外大きな国だな、と思いませんか? そして、北海道の日照時間の長さにちょっとびっくりしますよね。

そこから、地球の自転や公転、傾きの話に入っていきます。

来週からは大地形を学びます。タイミングよいことに(いや、そんなことを言ってはいけません!とても不安なことに!)ここのところ地震が頻発しています。そしてそれは、フィリピン海プレートがユーラシアプレートや北米プレートを押しているからだといわれています。

日本は、東日本が北米プレートに、西日本がユーラシアプレートに乗っています。そこに割って入るように、フィリピン海プレートが向かってきています。けっこう元気なプレートです。

この3つのプレートのせめぎあいで、富士山ができたり、南海トラフ地震が起こったりするわけですね。

最近頻発している地震は、このプレートの動きに関係しているというニュースが流れてきています。

これは授業の導入ネタには最高です。

緊張感があります。

でも、本当に今そんな大地震が来たら、と想像すると、恐ろしくなります。

地球は何かに怒っているのでしょうか。

だとしたら、「人間」かもしれませんね。地球の包容力を超えた人間の活動に、ウイルスに警鐘を鳴らさせているのかもしれません。

最近空がクリアになった(空気がきれいになった)国や地域がたくさんあるそうです。

私たちも地球の声に耳を傾け、地球を慈しみながら、生活する必要があるのでしょうね。

コメント