福島県都市ボランティア管理運営業務委託

スポーツボランティア

オリンピックパラリンピックにおいて、福島県では県営あづま球場にて、野球1試合、ソフトボール6試合が計3日間の日程で開催される予定です。

その際、福島県を訪れる観客や観光客を駅や観光地で案内したり、パブリックビューイング会場にて運営を補助する都市ボランティアを県が募集し、当初は苦戦が伝えられたものの、2000名を超えるボランティア希望者が集まったそうです。

県はその都市ボランティアの管理運営業務を外部委託するようで、委託先を公募しています。

ボランティアのオリエンテーション、共通研修、リーダー養成研修、ボランティアセンター、ユニフォームセンターの運営、活動管理など内容的にはほぼ「ルーターズが普段やっていること」に近く、一部業務を第三者への再委託も可能となっているので、やれるんじゃない?と期待してしまいますが、

なにしろ驚くべきはその金額!

146,090,000円!!!

1億4600万円ですよ~

ボランティアセンター一棟建ててもお釣りがきそうです。

んー、何にそんなに使えばいいのだろう?

https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/318680.pdf

コメント