Sports Volunteer Festival 2020 in Fukushima ④〜福島のNPOとして

コロナウイルス

2011年3月の東日本大震災の日の様子は、備忘録的に以前こちらに書きました。

震災で、ルーターズに変化があったか?と問われれば、「なかった」と答えます。

福島は震災で大きく変わりました。

原発事故によって避難を余儀なくされ、福島を出て行かざるを得なかった人もいる一方で、福島の復興支援に入ってきた人もたくさんいました。

お金がやたら動いている雰囲気がありました。(あまり縁はありませんでした。)

人々の価値観が試される場面が増えました。目に見えない放射能は、それを危険と捉えるか、気にならないと思うか、個人に判断を任されたような状況でした。私たちは、相手を傷つけないために、自分が傷つかないために、主張をすることをやめました。

ルーターズは、明確に「スポーツ」にこだわり続けました。

「Fukushima」や「震災」に結び付けられることは基本的に望まなかったと思います。

乱暴な言い方になってしまいますが、「面倒臭い」と思いました。

ルーターズは、震災後たくさん需要があった「復興ボランティア」に、団体としてはほとんど協力しませんでした。ただ黙々と、スポーツをささえる活動のみを続けました。

あくまでも私たちは、「スポーツボランティアのNPO」です。

おそらく福島県内で唯一の、です。

そして16年がたちました。

オリンピックはその「最終ステップ」みたいな気がしていました。そこでは、「福島」に役に立つことを、恩返しを、少しでもやりたいと考えていました。

しかし、今回コロナでオリンピックが延期となり、逆に「オリンピックはゴールじゃない」ことがはっきりしてきました。

それでも、今後は、何か「福島のために」やれることを

「スポーツボランティア」の皆様と共に、「スポーツボランティア」を通じて、やりたいと思います。

それが私たちのミッション、使命です。

(つづく)

コメント